キラキラボトルに入ったスキンクリームでニキビケア

大掃除のついでに捨てるより売る、要らないものはリサイクルショップへ

大掃除をしていると読み終わった小説や漫画、新書などが山のように出て来ます。資源ごみに出そうとしても、年末年始休みはごみ収集がお休みです。

そこでリサイクルショップに古本を売りに行きました。リサイクルショップで物を売るときには写真つきの本人確認書類が必要です。

運転免許証が手っ取り早いです。しかし、山のように古本を持って行っても買い取りは100円でした。年末年始なので買い取り金額は渋いですね。

でも、ごみに出せば本をまとめるビニール紐が必要です。ビニール紐代を節約して、100円になれば御の字です。聞かなくなったCD、買ったけど着ないでクローゼットに眠っている洋服なども一緒に持っていくといいと思います。

CDは一山30枚で100円と、これまた渋い買い取りでした。洋服は元の値段とブランドのお陰なのか1着500円の買い取り金額でした。

流行が終わらないうちに洋服は持っていく方がいいですね。フリマアプリなどもありますが、年末年始で忙しいと発送作業が煩わしく感じます。

かなり渋い買い取り金額でもリサイクルショップは手軽で便利です。そして、一番警戒しているのは訪問してくる買い取り業者です。

押し売りならぬ、押し買いが社会問題になりました。素性がよくわからない業者を家に招くということは慎重になった方がいいです。

家族と一緒のときに来てもらう、出来れば旦那さんがいるときに来てもらって、押し買いを企む業者を怯ませるという防衛をしましょう。

最後に大掃除のコツですが、物を整頓するだけでは片付きません。要らないものを売る、売れないものは捨てる 、部屋の物をスッキリさせてから掃除をします。

物で溢れている部屋で、高いところの掃除をすると足場が悪くて怪我しやすいです。まず、不用品を片付けてから天井や壁、窓の掃除をします。シュガリミットスリムアップコース(初回無料)購入

 

未分類

TOPへ戻る